クリーム

うつ病とローヤルゼリーの関係

数々の効能で注目を集める、極めて高い各種栄養素を誇るローヤルゼリーですが、精神的疾患の代表とも言えるうつ病改善にも良いとされています。
ここでは少し専門的な視点から、その効能のメカニズムを探ってみたいと思います。

複雑な人間関係の渦中とも表現出来てしまう実社会は、常にストレスとの対峙の連続です。
とりわけ繊細な性格の方々は、必要以上に全てを抱え込み過ぎてしまうが故、いわゆるうつ病を患ってしまうリスクも小さく無いのが現実です。

ちなみにうつ病を自覚もしくは周囲がその兆候に気づいた場合、まずは心療内科(精神科)でのカウンセリングからの投薬で改善を試みるのが一般的です。
ですが非常に不安定な精神状態下、そうした医療機関に足を運ばねばならない現実が、更に当事者を追い詰めてしまい、結果症状を悪化させてしまう悪循環もゼロとは言えません。

このうつ病の大きな原因は、思い通りに物事が運ばぬイライラ感が外せません。
この悪しき感情の減衰には、ビタミンB12と葉酸が不可欠である事が、既に研究の結果確認されていますが、何とローヤルゼリーにこれらの成分が十分含まれているのです。
とりわけビタミンB12は、その存在こそ馴染みが薄いかも知れませんが、別名脳のビタミンとも称される程、私達の精神状態の安定に必要不可欠な成分なのです。

うつ病のベストな治療方法は当然、症状や本人の性格などを総合的に踏まえて判断せねばなりませんが、ローヤルゼリーを摂取する事が大きなフォローとなる事は間違いありません。
身体的にも極めて高い安全性を活かし、専門医の治療と並行しての摂取も視野に入れられると良いでしょう。
勿論摂取に際しては、主治医にその意向をキチンと伝え、確認を取る事も忘れてはなりません。

豊富な精神安定物質の含有が確認されているローヤルゼリーは、特にうつ病発症中の皆さん、あるいは精神面の不安定を自覚されている初期症状の皆さんにお薦めです。
あくまで主治医に先ずは相談から、摂取開始を視野に入れられるのも一案です。